2018年10月19日金曜日

『週刊韓国ニュース 第180号』(2018.10.19)


《文在寅大統領、フランス大統領に国連の対北制裁緩和を要求》

 フランスを訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10月15日、パリ・エリゼ宮で行われたマクロン仏大統領との首脳会談で、「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が非核化措置を継続できるよう、さらに速度をあげて進められるよう、国連安保理の積極的な役割が必要だ」とし、「北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に至ったと判断できれば、国連制裁の緩和を通じて北朝鮮の非核化をさらに促進すべきだ」と主張した。
記者会見する文大統領(左)とマクロン大統領
首脳会談に臨む文大統領(左)とマクロン大統領


《トランプ大統領の主権侵害発言に6・15ソウル本部が抗議》

 康京和(カン・ギョンファ)外相が10月10日、国会で韓国政府の対北独自制裁である「5・24措置」の解除に触れ、これに対しトランプ米大統領が「われわれの承認なしに、韓国はそれ(制裁解除)をできない」と発言した問題で、6・15南側委員会ソウル本部(6・15ソウル本部)は12日、ソウルの米国大使館前で抗議の記者会見を開いた。
米国大使館前でトランプ大統領の発言に抗議し、対北制裁解除を求めるパフォーマンスをする6・15ソウル本部メンバー


《セウォル号の真相究明を求める国民大会》

 「4・16セウォル号惨事家族協議会」(家族協議会)と「4月16日の約束 国民連帯」が10月13日、ソウル・光化門広場で「セウォル号惨事の全面再調査・再捜査要求国民大会」を共催し、遺族や市民ら約1000人が参加した。
国民大会で「全面的な再調査と再捜査」と書かれたプラカードを掲げる参加者ら
あいさつする遺族の兪敬根(ユ・ギョングン)家族協議会執行委員長
国民大会には約1000人の遺族、市民が参加した
真相究明を求め合唱する市民ら
デモ行進する遺族と市民
真相究明を求める約10万筆の署名を、セウォル号惨事の調査を担当する社会的惨事特別調査委員長に手渡す遺族と市民

2018年10月12日金曜日

『週刊韓国ニュース 第179号』(2018.10.12)


《「10・4宣言11周年 民族統一大会」がピョンヤンで盛大に開催》

 「10・4宣言11周年 民族統一大会」が10月5日、ピョンヤンの人民文化宮殿で開かれ、南北海外の統一人士やピョンヤン市民など、約3千人が参加した。
 大会では、南側から趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相、「共に民主党」代表の李海瓚(イ・ヘチャン)盧武鉉財団理事長、北側から金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員長、朴明哲(パク・ミョンチョル)6・15民族共同委員会北側委員長、海外側から孫亨根(ソン・ヒョングン)6・15民族共同委員会海外側委員長らが演説した。
ピョンヤンで開かれた「10・4宣言11周年 民族統一大会」
ピョンヤンの人民文化宮殿には約3千人が集まった
趙明均・統一相(左端)、金永南・最高人民会議常任委員長(右から2人目)、李海瓚・盧武鉉財団理事長(左から4人目)、孫亨根6・15海外側委員長(右から3人目)ら南北海外の代表団
拍手をするピョンヤン市民ら
祝辞をする金永南・最高人民会議常任委員長
演説する李善権・祖国平和統一委員長
演説する趙明均・統一相
10・4宣言当時を振り返る写真展も開催された
統一大会後に開かれた6・15南北海外委員長協議


《与党代表が国家保安法の改正に言及、今国会で同法廃止案提出の動きも》

 ピョンヤンで開かれた「10・4宣言11周年 民族統一大会」に参加した与党「共に民主党」の李海瓚(イ・ヘチャン)代表は10月5日、現地で記者団に対し「終戦から平和体制に進むに従い、法律的に再検討すべきことが多い」と語り、国家保安法を例に出して改正の必要性を示唆した。
歓迎晩さん会で乾杯のあいさつをする李海瓚「共に民主党」代表(10.4 ピョンヤン)
正義党の尹昭夏(ユン・ソハ)議員


《アジアパラ大会で南北統一チーム、水泳で初のメダル獲得》

 インドネシア・ジャカルタで開催中の2018アジアパラ競技大会(10月6~13日)に、南北は男子卓球団体戦と男子水泳リレー、メドレーリレーで統一チーム「コリア(KOREA)」を結成し出場。開会式では南北の障害者選手らが統一旗(朝鮮半島旗)を掲げ合同入場した。
 8日の400mメドレーリレー決勝でコリアは日本、中国に次いで3位に入り、銅メダルを獲得した。
男子水泳のメドレーリレーで銅メダルを獲得した南北統一チーム。左からシム・スンヒョク(北側)、キム・セフン(南側)、チョン・グクソン(北側)、チョン・ヒョヌ(南側)(10.8)
表彰式で「ウリヌン ハナ」(われらは1つ)を叫ぶ南北の選手ら(10.8)
力泳する南北統一チームのクォン・ヒョン選手(南側)。水泳帽には統一旗(朝鮮半島旗)がついている(10.11)
卓球の南北統一チームが練習している。左からパク・ホンギュ選手(南側)、キム・ヨンロク選手(北側)、パク・ジェヒョン南側コーチ、リ・チョルン北側コーチ(10.5)
ダブルスに出場したパク・ホンギュ選手(左、南側)、キム・ヨンロク選手(北側)(10.5)

2018年10月5日金曜日

『週刊韓国ニュース 第178号』(2018.10.5)


《ピョンヤンで10・4宣言11周年民族統一大会開催へ-南北海外の代表集う》

 9月ピョンヤン共同宣言に明記されたように、10・4宣言11周年を記念する民族共同行事「10・4宣言11周年民族統一大会」が10月5日、ピョンヤンで開催される。
 南側からは各界人士で構成された約160人の代表団が4~6日の日程で参加、海外からは6・15海外側委員会の孫亨根(ソン・ヒョングン)議長(韓統連議長)を団長とする代表団が参加する。
ピョンヤン空港に到着した南側代表団が「指ハート」をしている(10.4)
南側の政府・政党・自治体・民間団体代表ら。左から2人目が李昌馥6・15南側委員会常任代表議長。右から3人目が趙明均・統一部長官、同4人目が李海瓚「共に民主党」代表
  

《市民平和代表団が国連事務局と面談し書簡・署名を伝達》

 国連総会で関連国に朝鮮戦争の終戦宣言と対北制裁の解除を求めるため、韓国からニューヨークを訪れた「市民平和代表団」(団長、趙誠宇(チョ・ソンウ)6・15南側委員会常任代表)は9月27日、国連本部でアントニオ・グテーレス事務総長の代理である4人のアジア太平洋局関係者と公式面談した。
国連のアジア太平洋局関係者との面談で発言する趙誠宇団長(左端)
市民平和代表団と国連アジア太平洋局との面談
面談後の記念写真。前列左から3人目がアジア太平洋局のメリー・ヤマシタ局長
キム・ビョンギュ6・15南側委員会組織副委員長がアジア太平洋局のサムエル・マルテル課長に、終戦宣言と対北制裁解除を求める5万筆の署名用紙を伝達した


《朴槿恵政権時の司法ろう断の清算求め国民大会》

 梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院(最高裁)長らが朴槿恵(パク・クネ)政権の意向に沿った判決を出すなど、司法を私物化(司法ろう断)した問題と関連し、「司法積弊清算国民大会」が9月29日にソウル市内で開かれ、多数の市民が参加した。
スマートフォンのライトを掲げる参加者ら
デモ行進では梁承泰・前大法院長の仮面をかぶり囚人服を着るパフォーマンスも行われた
司法ろう断の真相究明と責任者処罰を求める市民ら

2018年9月28日金曜日

『週刊韓国ニュース 第177号』(2018.9.28)


《文在寅大統領が金正恩委員長との口頭合意を公開-金剛山の南側資産の凍結解除に合意》

 今年3回目の南北首脳会談をピョンヤンで行った文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9月20日、ソウルで国民向け記者会見を行い、△近い時期に南北国会会談の開催△自治体間の交流活性化△金剛山の南側資産の凍結解除に同意△12月にソウルで開催される「大高麗展」に北側の文化財展示など、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と交わした「口頭合意」を明らかにした。
ソウルで記者会見する文大統領
記者会見に多数のメディアがつめかけた


《文在寅大統領、米国に「北の核廃棄」に相応する措置求める-米メディアのインタビュー》

 国連総会参加のために訪米中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9月25日、ニューヨークでフォックスニュースのインタビューを受け、非核化に関して「問題は北側が核廃棄措置を取る場合に、米側が相応する措置をどれぐらい速度を上げてできるかだ」と米側の相応措置を強調した。
ニューヨークでインタビューに答える文大統領


《正義記憶財団が文大統領の「和解・癒し財団」解散意志を受け歓迎論評、民主女性会も声明》

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9月25日にニューヨークで開かれた韓日首脳会談で、「和解・癒し財団」の解散意志を安倍首相に通知したことを受け、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」は26日、論評を通じ「被害者や市民らが訴えてきた『和解・癒し財団』の解散を、政府が受け入れたものと評価する」と文大統領の発言を歓迎した。
9月26日に開かれた「第1354回水曜デモ」では「和解・癒し財団」の解散を求める声があがった
「和解・癒し財団」の解散を求め、ソウルの政府庁舎前で1人デモをする金福童(キム・ボクトン)ハルモニ(9.3)

2018年9月21日金曜日

『週刊韓国ニュース 第176号』(2018.9.21)


《文在寅大統領と金正恩委員長がピョンヤンで3回目の南北首脳会談開催-「9月ピョンヤン共同宣言」「南北軍事合意書」を採択、韓統連も歓迎声明》

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は9月18~20日にかけて、3回目の南北首脳会談をピョンヤンで開催した。
 両首脳は会談を通じ、南北間の「実質的な不可侵・終戦宣言」と米国に対し「同時行動原則」求める、歴史的な「9月ピョンヤン共同宣言」と付属合意書の「南北軍事合意書」を採択した。
 これを受け、在日韓国民主統一連合(韓統連)は20日、同宣言を熱烈に支持・歓迎する声明を発表した。
ピョンヤン国際空港で抱き合い再開を喜ぶ文大統領と金委員長(9.18)
楽しく談笑する南北首脳夫妻(9.18)
空港で儀仗隊を査閲する南北首脳(9.18)
空港まで歓迎に来たピョンヤン市民と握手する文大統領(9.18)
ピョンヤン市内を移動中、車を降りて市民に手を振る南北首脳(9.18)
パレードでピョンヤン市民に手を振る文大統領(9.18)
パレードで市民に手を振る南北首脳(9.18)
パレードの沿道を埋め尽くしたピョンヤン市民(9.18)
沿道で文大統領を歓迎するピョンヤン市民(9.18)
沿道で文大統領を歓迎するピョンヤンの学生ら(9.18)
朝鮮労働党舎で行われた南北首脳会談(9.18)
三池淵管弦楽団による歓迎公演(9.18)
歓迎公演後、舞台にあがりあいさつする文大統領(左)と金正淑(キム・ジョンスク)女史(9.18)
歓迎晩さん会で乾杯する南北首脳(9.18)
「9月ピョンヤン共同宣言」に署名した南北首脳(9.19)
南北軍事合意書に署名した南側の宋永武(ソン・ヨンム)国防長官(左)と北側の努光哲(ノ・グァンチョル)人民武力相(9.19)
ピョンヤン共同宣言に署名後、記者会見する南北首脳(9.19)
記者会見後に握手する南北首脳(9.19)
北側の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長(右から2人目)と会談前に記念写真を撮る南側の李海瓚(イ・ヘチャン)「共に民主党」代表(左から2人目)、鄭東泳(チョン・ドンヨン)民主平和党代表(右端)、李貞味(イ・ジョンミ)正義党代表(左端)(9.19)
玉流館での昼食で記念写真を撮る南北首脳ら。右から朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、民主平和党の鄭代表、金委員長、文大統領、「共に民主党」の李代表、正義党の李代表、金文洙(キム・ムンス)江原道知事(9.19)
玉流館でピョンヤン冷麺を食べる南北首脳(9.19)
記念植樹をする文大統領(左)。右は崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長(9.19)
大同江海鮮レストランで夕食を取る南北夫妻(9.19)
5・1スタジアムで行われた大集団体操終了後、演説する文大統領(9.19)
文大統領は5・1スタジアムでの演説で民族自主と自主統一を訴えた(9.19)
5・1スタジアムで両手を掲げる南北首脳(9.19)
南北首脳の訪れを歓迎するかのように晴れ渡った白頭山頂上(9.20)
白頭山の山頂で両手を掲げる南北首脳(9.20)
ロープウェイで白頭山の火山湖・天池に向かう南北夫妻(9.20)
天池で記念写真を撮る南北夫妻(9.20)
南側の漢拏山の水を天池に流し、天池の水をくんでいる文大統領(9.20)
三池淵招待所を散策する南北首脳(9.20)