2018年7月13日金曜日

『週刊韓国ニュース 第167号』(2018.7.13)


《8月に南北労働者統一サッカー大会、ソウル開催は11年ぶり》

 民主労総は7月10日、報道資料を通じ「板門店宣言の履行のための南北労働者統一サッカー大会」を8月10~12日にソウルで開催すると発表した。同大会の開催は2015年にピョンヤンで開催して以来3年ぶり、ソウル開催は2007年以来11年ぶり。
ソウルで開かれた労働者統一サッカー大会で、試合後にユニフォームを交換する南北の労働者ら(2007.5.1)
試合後に統一旗(朝鮮半島旗)を掲げグランドを一周する南北の労働者(2007.5.1 ソウル)
ピョンヤンで開催された労働者統一サッカー大会では、南北の労働者らが試合後に観客に向かってあいさつしている(2015.10.29)


《戒厳令でキャンドル集会を武力鎮圧-軍の秘密計画が明らかに》

 「共に民主党」の李哲熙(イ・チョリ)議員と市民団体「軍人権センター」は7月6日、軍の機務司令部が昨年3月に作成した「戦時戒厳及び合同捜査業務遂行方案」を暴露した。これによれば、機務司令部は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾が棄却された場合、「衛戍令発令から戒厳令宣布」を計画、衛戍令下で軍が暴行を受けたり鎮圧手段がなければ、デモ隊に発砲できるようにした。
2016年12月3日にソウル・光化門広場で開かれたキャンドル集会には、170万人の市民が結集した
李哲熙議員が暴露した、武力鎮圧を計画した軍機務司令部の秘密文書
軍人権センターが暴露したクーデター計画。戒厳令宣布時の軍の動きが記されている
軍人権センターが暴露したクーデター計画。戒厳令宣布時のソウル市内の軍投入計画が記されている


《女性従業員「企画脱北」事件、国連・北朝鮮人権報告官「意思に反する拉致なら犯罪」》

 2016年4月に中国の北朝鮮レストランの支配人と女性従業員らが「脱北」したとされる事件に関して、国連のキンタナ北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)人権特別報告官は7月10日、ソウルで記者会見し、「自分たちの意思に反して拉致されたとすれば犯罪とみなすべきだ」と語った。
記者会見するキンタナ報告官
女性従業員らが働いていたとされる中国の北朝鮮レストラン
「企画脱北」により韓国に入国した女性従業員ら

2018年7月6日金曜日

『週刊韓国ニュース 第166号』(2018.7.6)


《ピョンヤンで15年ぶりに南北統一バスケットボール大会開催》

 南北の統一バスケットボール大会が7月4日、ピョンヤンの柳京鄭周永体育館で開幕した。南北の統一バスケ大会の開催は2003年10月以来、約15年ぶり。
 初日は南北混成の「平和チーム」と「繁栄チーム」が対戦、女子に続き男子の試合が行われた。約12000人の観客が声援を送る中、女子は接戦の末103対102で繁栄チームが勝利、男子は102対102で引き分けた。
ピョンヤン順安空港に到着した南側バスケットボール代表団(7.3)
ピョンヤンの高麗ホテルに到着し、歓迎を受ける南側バスケットボール代表団(7.3)
歓迎晩さん会が開催された(7.3)
南北の選手がともに乾杯している(7.3)
南側バスケットボール代表団監督(左)に声をかける北側関係者(7.3)
南北混成の「繁栄チーム」が手をつなぎ入場している(7.4)
南北混成の「平和チーム」が手をつなぎ入場している(7.4)
南北代表チームが熱戦をくりひろげている(7.4)
バルーンを叩いて歓声を送るピョンヤン市民(7.4)


《「板門店宣言実践!8・15自主統一汎国民大行進」開催へ、市民団体が推進委員会を結成》

 韓国進歩連帯など50余の市民社会団体が7月4日、ソウルで記者会見を開き、8月15日にソウル・光化門広場で「板門店宣言実践!8・15自主統一汎国民大行進」を開催するとし、そのための推進委員会の結成を宣言した。
 記者会見では、8・15大会を△米軍のない朝鮮半島実現△従属的な韓米同盟を自主・平和外交で転換△国家保安法の廃止を汎国民的な課題に転換する契機にすると明らかにし
韓国進歩連帯ら市民社会団体は記者会見で、今夏の8・15大会の概要を発表した
推進委員会が主催する「7・27終戦の日」ポスター
推進委員会が主催する「板門店宣言実践 815人大合唱」ポスター
「ソウル市民平和統一博覧会」ポスター
「2018統一先鋒隊」ポスター


《3・1独立運動100周年事業の推進委結成、文大統領は南北共同開催の意向》

 大統領直属の「3・1運動及び大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業推進委員会」(3・1推進委)の結成式が7月3日にソウル市内で開かれた。
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は激励あいさつで、3・1独立運動100周年事業の南北共同開催を目指す意向を示した。
 3・1推進委は、民間から金(キム)ミョンファン民主労総委員長、尹美香(ユン・ミヒャン)挺対協共同代表など各界人士が参与している。
3・1推進委員会結成式の参加者が記念撮影している
文在寅大統領が激励あいさつしている

2018年6月29日金曜日

『週刊韓国ニュース 第165号』(2018.6.29)


《6・15南北海外委員長会議を開催、10・4宣言11周年などを契機に民族共同行事開催に合意》

 6・15共同宣言実践民族共同委員会は6月21~22日、ピョンヤンで南北海外委員長会議を開催した。会議では、△統一の里程標である板門店宣言履行のための全民族的運動を展開△10・4宣言11周年、開天節(10月3日)、来年の3・1節100周年などを契機に民族共同行事を各界各層とともに盛大に開催(8・15行事は情勢を見ながら協議)-などに合意した。
南北海外委員長会議に参加した代表ら
南北海外委員長会議が開かれている
6月20日に開かれた晩さん会


《南北が京義線・東海線の現代化工事に合意》

 南北をつなぐ鉄道の京義線と東海線の運転再開に向けて、南北鉄道協力分科会談が6月26日、板門店南側の「平和の家」で開かれ、実践的対策を含む共同報道文が採択された。
 共同報道文では、鉄道の連結および現代化(改補修)のために、北側の金剛山~豆満江区間、開城~新義州区間の現地共同調査を早期に推進するとした。共同調査は7月24日から始める。
南北鉄道会談の前に握手する南北の首席代表
南北の代表らが会議場の入り口で握手している
金剛山に向かう東海線の線路
2007年12月11日、56年ぶりに運行された京義線の南北貨物列車。運行は李明博政権の2008年以来、中断している

2018年6月22日金曜日

『週刊韓国ニュース 第164号』(2018.6.22)


《6・15南側委員会が6・15共同宣言発表18周年記念大会》

 6・15共同宣言18周年を迎え、6・15共同宣言実践南側委員会は6月15日、ソウル市庁前広場で「6・15共同宣言発表18周年記念大会」を開催し、洪容杓(ホン・ヨンピョ)「共に民主党」院内代表、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長当選者ら政治家のほか、多数の市民が参加した。
 日本地域委員会は16日に都内で「記念の集い」を開いた。
午後7時から始まった記念大会で、6・15合唱団が「われらの願い」を歌っている
「6・15から統一へ」「韓米合同軍事演習、永遠に中止」と書かれたプラカードを掲げる市民ら
李昌馥・常任代表議長があいさつしている
ノレペ「フィマンセ」の公演
朴元淳ソウル市長当選者はあいさつで「行こう!平和へ、行こう!統一へ」とスローガンを叫んだ
都内で開かれた日本地域委員会の「記念の集い」で主催者あいさつする孫亨根(ソン・ヒョングン)議長


《韓日「慰安婦」合意、被害者の損害賠償請求を地裁が棄却》

 韓日「慰安婦」合意は不当だとして、日本軍「慰安婦」被害者10人が韓国政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、ソウル地裁が6月15日、請求を棄却した。
 関連して康京和外相は18日、「国際社会において『慰安婦』問題が、『戦時女性性暴力』という非常に深刻な問題として位置付けられるよう、近く計画を発表する」と明らかにした。
康外相が18日に就任1周年の記者会見を開いた




《2大労総が「最低賃金削減法」の違憲審判請求》

 先月国会を通過した改定最低賃金法(いわゆる「最低賃金削減法」)に関して、民主労総と韓国労総は6月19日、憲法裁判所前で記者会見を開き、同法は違憲であるとして憲法訴願審判を請求した。法では、ボーナス、食費などの福利厚生費、交通費などを最低賃金に含むことを可能にしている。
憲法裁判所前で記者会見する民主労総、韓国労総の組合員ら
労働者らは憲法裁判所が「最低賃金削減法」を違憲と判断するよう求めた

2018年6月15日金曜日

『週刊韓国ニュース 第163号』(2018.6.15)


《朝米首脳会談と共同声明を受け、韓統連が歓迎声明を発表》

 史上初の朝米首脳会談が6月12日にシンガポールで開催され、共同声明が発表されたことを受け、韓統連は同日、声明「朝米首脳会談の成功的な開催を熱烈に歓迎し、共同声明を積極支持する!」を発表した。
握手する金正恩委員長とトランプ大統領
記念写真を撮る朝米首脳
拡大会議の前に握手する朝米首脳
ワーキングランチの後、朝米首脳はホテル内を散策した
共同声明に証明した後、握手する朝米首脳


《第7回地方選挙と国会議員補欠・再選挙で民主党が圧勝、韓統連が分析・評価を発表》

 文在寅(ムン・ジェイン)政権下で初めての全国規模となる第7回統一地方選挙と国会議員の補欠・再選挙が6月13日に実施された。
 与党「共に民主党」が広域自治体17カ所の首長選において14カ所で当選し、圧勝した。補欠・再選挙も12選挙区のうち、与党が11議席を確保した。野党・自由韓国党は慶尚北道と大邱市の2カ所をかろうじて維持した。注目の首都圏では朴元淳(パク・ウォンスン)氏がソウル市で3選を果たし(「正しい未来党」の安哲秀(アン・チョルス)候補は3位)、李在明(イ・ジェミョン)氏が京畿道知事に当選した。保守地盤の慶尚南道と釜山市、蔚山市も民主党が切り崩した。
政党別結果

投票率の推移
広域自治体の首長選の結果
補欠・再選挙の結果
補欠・再選挙以降の国会内勢力図
開票結果を喜ぶ与党「共に民主党」の関係者(6・13)
惨敗を受け自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表は辞任を表明した(6・14)